mamanova

現職では経験できない実務や、研修を通して、つよみが言語化でき、次の目標も見つかった|藤咲由梨香さん|ママノバ

会員の声
fna3pwbrcpzs7v6cmj6f_320_400-83c316a5.jpg


profile
お名前:藤咲由梨香さん
年齢:31歳
現在のお仕事:IT業界のカスタマーサクセス
お子さんの年齢/性別:0歳男の子
ボランティア内容:人材系のベンチャー企業でキャリアアドバイザーとマーケティング


▼ママノバに参加しようと思った理由
「子育てに没頭することで、キャリアを積めなくなってしまうのではないか…」という不安があった
 
IT業界のカスタマーサクセスとして働いていて、産休前は人事系のSaaSサービスを担当していました。提供しているサービスは、従業員のコンディションのチェックや、組織診断のツールです。クライアントである企業の人事の方から、診断結果に対する従業員へのアプローチ方法を聞かれることも多いのですが、実際に働く人たちとの面談経験はないので、書籍などで得た知識をもとにしたアドバイスが多くなっていました。何かしらの実務経験が積めたらとずっと思っていたんです。
 
また、子育てと仕事の両立で悩む姉の姿を見てきたことなどから「子育てに没頭することで、キャリアを積めなくなってしまうのではないか…」という不安を感じ始めていました。これからのキャリアに役立てられること、さらには、自分のつよみや好きなことを伸ばせることに挑戦したいと思うように。そして育休期間を使って、キャリアコンサルタントの勉強を始めることにしました。
 
夫と一緒に育休を取得していたので、時間的な余裕もあって。「キャリアコンサルタントの勉強以外にも、将来のためになることをしたい」という気持ちが次第にわいてきました。そんな時、「育休中のリスキリング」をテーマにしたテレビ番組でママノバが取り上げられているのを見たんです。調べてみると、キャリアコンサルタントのボランティアもあり、「おもしろそう!」と思ってすぐに応募しました。


▼ママノバの感想
「マネジメントにチャレンジしよう」という新たな目標が持てた
 
<ママボラン>
率直に、「参加してよかった」と思っています。ママボランは、人材系のベンチャー企業でキャリアアドバイザーとマーケティングの業務に取り組みました。キャリアアドバイザーとして人と話したり、面接の練習をしたりー。ちょうどキャリアコンサルタントの実技試験を控えていた時期だったので、いろいろな経験をさせてもらえてとてもありがたかったです。
 
また、その企業さんには学生インターンの方がたくさん参加していたのですが、熱い思いを持った、勢いがあるメンバーばかりで。自分が就職活動をしていた10年前と比べて、就活市場が大きく変わっていることに驚きつつも、たくさんの刺激をもらうことができました。企業さんも「どんな人の可能性も応援したい」という熱いビジョンを持っていて。そういった企業で、インターンや副業などさまざまな背景を持っている人たちと一緒に仕事ができたのは、とても有意義な時間でした。
 
<キャリアプログラム>
つよみや苦手なことを言語化しながら、自分と向き合うことができました。キャリアプログラムに参加しているほかのワーママのみなさんと話せたこともよかった。子どもがいるという立場は一緒だけれど、それぞれのつよみや苦手なことはバラバラで、話していて気づかされることも多く、とてもおもしろかったです。
 
また、今の会社でマネジメントの道に進むのか否か決断の分かれ道にいて「私にマネジャーなんてできるのかな」と悩んでいました。mog代表の稲田さんの研修に参加して、自分のつよみややりがいを話したところ、「藤咲さんはマネジメントに必要な視点を持っている」とフィードバックをもらったんです。自分では自然だと思っていた思考が、マネジメントに向いている視点だったと気づくことができて自信が持てました。そして復職したら「マネジメント業務にチャレンジしてみよう」と新たな目標を持つことができました。


▼これからについて
家族との時間を大切にしながら、自分のキャリアを深めていきたい
 
復職したら、まずは今の会社でマネジメントにチャレンジしたいと思っています。並行して、育休中に取ったキャリアコンサルタントの資格や、ママボランの経験を活かして、キャリアカウンセリングの仕事や副業にも挑戦していきたいです。実は現在、ママボランで携わっていた企業さんでの業務委託を始めています。ゆくゆくは個人でキャリアカウンセリングもしていけたらと思っています。
 
第1子の育児を経験して想像していた以上に子どもが愛おしくて。もう1人子どもが欲しいなと思っているのですが、その時はまた夫と一緒に育休を取りたいと思っています。というのも、今回ペア育休を取得して、お互いの夢を語ったり、自分のキャリアについて考えたり、とても充実した時間を過ごすことができたんです。もし第2子に恵まれたら、家族との時間を大切にしつつ、また将来について2人で話す時間を意識的に取り入れていきたいと思っています。
 
夫は目標だったボードゲームカフェをつくる準備をしているところなんです。いつか私はそのカフェの一角でキャリアカウンセリングをしたいなと思っていて、実現できるように準備を進めていきたいと思っています。



キャリアプログラムの詳細はこちら
ボランティア活動をすると、インセンティブとしてこのキャリアプログラムが無料で受けられます。

そのほかの会員の声はこちら

無料会員登録はこちら

みんなからのコメント

ログインが必要です
ページ先頭へ戻る
読み込み中です